薄毛・AGA対策に特化した「爆毛根ローション」の効果

 


AGA対策に特化した育毛剤 爆毛根ローションとは?

 

 

この製品はAGA治療に使われる ミノキシジル5%と
デュタステリドを配合されています。
爆毛根ローションは携帯に便利なスプレータイプなので
持ち歩きも楽です。

 

 

デュタステリドはどんなものでしょうか?

>デュタステリドとは

デュタステリドはよくフィナステリドと比較されます。

二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

フィナステリドは2型5αリダクターゼを阻害します。

デュタステリドは2型5αリダクターゼと1型5αリダクターゼを阻害します。

 

そもそものAGAのメカニズムをあらためていうと

 

AGA → 男性型薄毛症 の原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの一種です。

AGA(エージーエー)では、脱毛部分の頭皮に多量のDHTが確認されています。

 

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭にある還元酵素5αリダクターゼと結合することで変化したものです。

このDHTが原因物質となり、髪の毛を作る毛包の活動を妨げます。

 

その結果、抜け毛が進行していくようになります。これがAGAを発症する原因のひとつです。

 

DHTが原因になり、毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまいます。

十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになります。

これがAGAのメカニズムです。

AGAの進行パターン

AGAのパターンとして二種あるといわれています。

M型

額の生え際から徐々に後退していくパターンです。

トレンディエンジェルの斎藤だぞ!のパターンですね。

 

O型

髪の毛が頭頂部から円形に薄くなっていくパターンです。

アルファベットの「O」のように見えることから「O型」と呼ばれていていわゆる「てっぺんハゲ」です。

 

このタイプは非常におっさんくさくかっこ悪いので避けたいですよね。

ちなみにこのO型AGAなのに髪の毛の濃いサイドや後ろだけを変に伸ばしているとさらみみっともなく

いわゆる「落ち武者」のようになるので気をつけましょう。

どのパターンも最後には側頭部と後頭部だけに髪の毛が残った状態になってしまうので、
進行しないうちに対策をはじめることが大切です。

デュタステリドにもどります。

 

デュタステリドもフィナステリド(プロペシア)も

5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、

髪の毛の成長を妨げるDHTを生成させないようにして、

抜け毛を予防するという働きです。

 

デュタステリド含有の育毛剤

AGA治療型 育毛剤として
最近売れているのは「爆毛根ローション」です。

この製品はAGA治療に使われる

ミノキシジル5%と

デュタステリドを配合されています。
爆毛根ローションは携帯に便利なスプレータイプなので
持ち歩きも楽です。
スプレー30mlのボトルが2本組で8,900円で購入できます。
デュタステリドは
デュタステリドが男性型脱毛症治療薬として2015年9月に承認されました!
2015年9月28日に、男性型脱毛症治療薬デュタステリド(商品名:ザガーロカプセル)の製造販売が承認されました。
日本国内において、男性型脱毛症治療薬としてはフィナステリド(商品名:プロペシア)に次いで2番目の経口薬です。
販売者サイトで評判を見てみました。
  • 2018-06-27 l pekori

    スプレータイプで手軽につかえます。
    品質は確かで、内服薬と併用していたら黒々としてきました。
    お薦めです。

    2018-06-25 l 弘

    副作用が気になるディタステリドですがこちらは外用薬のため、抵抗なく使用できます。デュタステリド配合の育毛剤は今のところこれのみのようです。少し高価なのが玉に瑕ですね。

  • 2018-06-16 l あたらしもの

    最新の技術と強力な育毛成分がつまっている気がして、お試し買いしました。
    効くようでしたら、今後はこれで育毛します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました