AGA型薄毛に高濃度ミノキシジル 爆毛根ローションの威力

AGA型薄毛、ハゲというのは

 

男性ホルモンの影響で髪の毛が減っていくという種類の

ものです。

 

このメカニズムに対して効果があるとわかっているのが

 

ミノキシジルとフィナステリドのコンビです。

 

ここまでは最近では常識になっていますが。

これは、病院のAGA外来治療でも基本になっているようです。

 

 

ただミノキシジルとフィナステリドの錠剤を服用するという

 

治療法では、その副作用に悩まされることが

 

ネットの体験談をみていても多いようですね。

たとえば

だるさ

肝機能障害

やる気がなくなる

性欲減退

等、個人差にはよりますが怖いと言えば怖い^^;

 

僕も副作用が怖いのでもっぱら外用のものしか使っていません^^

 

外用のもので最近評判がいいのは

 

爆毛根ローションです。

 

爆毛根ローション(Bakumokon)[5%]

 

 

 

この製品は定番ミノキシジルを高濃度5%含んでいます。

 

それと デュタステリドを配合しています。

 

 

デュタステリドとは
デュタステリドが男性型脱毛症治療薬として2015年9月に承認されました!
日本国内において、男性型脱毛症治療薬としてはフィナステリド(商品名:プロペシア)に次いで2番目の経口薬です。

 

この爆毛根ローションの購入についてはこちら↓ ↓

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました